【営業マンが直伝】日当たりが悪い家をオススメしない3つのワケ

どうも。現役不動産営業マンのマツです。

悩み

日当たりの良し悪しって物件選びする際に重要なの?

マイホームの条件として、日当たりが良いことという条件を設定している人が多いと思います。

でも皆さん、「なんとなく日当たりが良い方がよさそう」や「日当たりが悪いのはやめておいた方がいい」と思ってませんか?

今回は、日当たりが悪いとどんな弊害があるのか解説していきたいと思います。

この記事を最後まで読むとわかること
  • 日当たりが悪い家をオススメしない理由
  • 日当たりが良い立地の条件
  • 日当たりが良いことによるデメリットとは
  • 日当たりが悪いのを解消する方法
マツ

戸建でもマンションでも日当たりは物件選定の上で重要な要素となります!しっかり確認しておきましょう。

日当たりが悪い家をオススメできない3つのワケ

不動産の営業マンとして、日当たりが悪い物件をあまりオススメすることはできません。

その理由が以下の3つになります。

オススメしない3つの理由
  1. 資産価値の低下
  2. 躯体部分の傷みが早い
  3. 気分が塞ぎ込みがちになる

それでは詳しく解説していきましょう!

日当たりが悪いと資産価値が低下する

日当たりの良い物件の方が当然人気が高く、需要が多い方が物件の市場価値も比例し高くなります。

資産価値は物件の日当たりだけで決まるわけではありません。

ですが日当たりが良い立地というのは、角地や南向きであったり、住環境の優れた邸宅地などの傾向が強いので、必然的に土地の価値が高くなりやすいのです。

中には、南向きなどの方角限定で物件を探している人もいます。

たとえ南向きでなくとも、バルコニーを南側へ設置したり、窓や天窓などを利用して室内を明るくしたり、屋上を設けてみるなど対策はありますので、日当たり面をなるべくカバーできるような工夫をしてみましょう。

日当たりが悪いと躯体部分の傷みが早い

マツ

躯体部分とは、主に基礎や柱・壁の構造主要部分のことを指します!

日本は亜熱帯のため、雨季や天候不純なども多く、木が湿気を含む条件が揃っています。

戸建の大半は木造建築となるため、日当たりが悪くなると木が乾かずカビや腐りの原因となってしまうのです。

そうなると、リフォームのタイミングが早くなったり、頻度も増えてしまいます。

中古物件などは、リフォームありきで購入する場合もあると思いますので、建物の傷み具合は要チェックですね。

日当たりが悪いと気分が塞ぎ込みがちになる

悩み

それは少し大袈裟なんじゃない…?

そう思った方もいるかもしれませんが、実際に日当たりが悪い家に住んでいる方の悩みとして多いケースの一つなんです。

どんよりと薄暗い感じが常にあり、電気代が増えるなんて声もあります。

マツ

「気分が滅入るから家を売却したい!」なんてお客さんも実際にいらっしゃいました

賃貸など一時的なものではなく、将来ずっとその状況下で過ごさなかければならいなというのは辛いものがありますよね。

日中仕事で家を空けている人は良いですが、専業主婦さんみたいに比較的家に滞在している時間が長い方には耐えがたい状況かもしれません。

日光浴はビタミンDの生成の手助けや生活リズムを整えるなど健康面にも影響してくるので、メンタル面にも少なからず影響をもたらすのかもしれませんね。

マツ

近年では、紫外線も強く日光浴のしすぎはかえって健康を悪化させるとの見解です。しっかり日焼け止めなどの対策や注意点を確認しておきましょう。

日当たりが悪くなってしまう物件の条件とは

周りを建物などに囲まれるような状況にあれば、当然ながら物件の日当たりは悪くなりまよね。

そんな日当たりの悪い物件の代表的として「旗竿地」と呼ばれる不整形地と物件があります。

上図のような2棟からなる物件を見たことはありませんか?

これは、西側道路を正面にして手前に1棟とその奥にもう1棟並ぶ形で建築されます。
(白く型抜きされた部分が建物が建築される部分になります)

このような奥まった物件は目の前に建物が建つケースが多く、最悪の場合四面を建物に囲まれることになります。

これでは到底日当たりを確保するのは難しいでしょう。

そのほかにも、日当たりが悪くなる理由としては以下のものが挙げられます。

日当たりが悪くなるケース
  • 隣地の建物との距離が近い
  • 前面道路の幅員が狭い
  • 接道間口が短い

ポイントは、「資産価値が低い条件が揃う」と必然的に「日当たりが悪くなる」ということです。

マツ

つまり…
日当たりが悪いから資産価値が低いのではなく、資産価値が低い物件はどうしても日当たりが悪くなりやすいんですね!

上記理由だけが全てではないですが、過去様々な物件を見てき多結果、日当たりが悪い物件はこれらに該当することが多いと思います。

日当たりが良くなる4つの条件

日当たりが悪いケースは述べましたが、では日当たりが良くなる条件とはどんなものがあるのでしょうか?

日当たりが良くなる条件
  • 東南・南西など少しでも南側を向いている場合
  • 角地である場合
  • 周囲の建物高さが低い場合
  • 窓の位置が南側にある場合

主に代表的なものを挙げました。

少しでも南向きに近い方が日当たりは良くなります。南向きでなかっとしても、南側に大きな建物が無かったり通路や空き地である場合は日当たりが良いこともあります。

周辺環境の確認は必ず行ってください。

さらに、角地であれば日当たりの良さは抜群です。

少なくとも2面は道路と接する形になるので、日当たりの良さはこれ以上ないでしょう。

マツ

日当たりが良い物件というのは資産価値が高く、お値段も相場より高いケースが多いです。

日当たりが良くても問題がある?

マツ

日当たりが良くても、それはそれでデメリットがあるんです…

日当たりが良いことによるデメリット
  • 夏場の猛暑に耐えられない
  • 紫外線による床や壁の傷みや色あせ
  • 西日などの光が強く眩しい

最近の日本は異常気象が多いですよね。

連日30度を超える猛暑日など、エアコンをもってしても耐えがたいほど暑くなります。

特に、太陽に近い3階の部屋などは尋常じゃないほどの暑さになります…

さらに、窓の下床部分は日焼けが目立ったりインテリアなども色あせの原因などになります。

日当たりが良いからと言って、問題がゼロというわけではないのが難しいところですね。

【まとめ】日当たりが悪い場合の4つの対策方法

営業マンとして、日当たりという条件だけで見たら、やはり日当たりの悪い物件をオススメすることはできません。

ですが、物件の良し悪しは日当たりのみで決まるものではないのです。

マイホームは立地や価格、希望の間取りなど様々な条件を比較して決定するものですので、あくまでも日当たりは検討材料の一つだと思ってください。

悩み

欲しい物件がどうしても日当たりだけネックなんだけど…

マツ

そんな方も諦めるのはまだ早いです!日当たりは悪くても対策はあります!

日当たりが悪い場合の対策
  • 洗濯物は室内乾燥や浴室乾燥で対応
  • 窓の増設や天窓の設置
  • バルコニーの窓を通常よりも大きくする
  • インテリアや観葉植物など明るく華やかな見た目にする
  • フットライトやダウンライトなど間接照明を設置

注文住宅を考えている場合は、日当たりが悪い部屋などはあらかじめ対策を講じた間取りにするといいかもしれません。

窓の増設や天窓の設置などは、リフォームでも行うことができるので参考にしてみてください。

大規模なリフォームが難しい場合は、間接照明などを多様することで明かりを確保できます。

また、壁紙を白など発色系のものにするだけでも部屋全体が明るくできるので効果的です。

このように、少し間取りや対応手段を考えるだけで日当たりの悪さというのはカバーできるものも多いです。

日当たりが悪いことによる日常生活の弊害は対策をとることが可能ですので、諦めずに利用のマイホームを見つけてください!

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

@マツ
大学卒業後はドラッグストアに就職し薬の販売員へ 仕事が退屈になり転職を決意! 宅建を独学で勉強し、半年後宅建士へ その後は不動産投資の営業マンへ転職し 2年後、実需の販売をしたく転職 現在は戸建てマンションの営業マンとして仕事中 ブログを通してマイホームを購入する人たちへ 有益な情報を届けます!