ハザードマップはどこまで気にするべきか?【浸水深さで判断する方法とは】

悩み
  • ハザードマップが気になって家が買えない
  • ハザードマップにかかる家は買っちゃダメ?
  • ハザードマップってどこまで気にしたらいいの?
この記事の内容
  • ハザードマップはどこまで気にすべきか
  • ハザードマップの見方・使い方
  • 浸水履歴の見方と捉え方
本記事の信頼性
マツ
  • 不動産歴7年の現役営業マン
  • 独学で宅建試験合格
  • 現在は建築士資格を取得のため勉強中

本記事の筆者は売買営業マン歴7年です。
戸建てに関する情報をわかりやすく発信!

近年は異常気象のニュースがホント多いですよね。

特に夏場の豪雨による河川の氾濫・浸水・土砂災害の注意報や警報が激増です。

そんな影響もあり、家を買うときハザードマップを気にする人がめちゃくちゃ増えてます!

そりゃ、せっかくのマイホームだから、自然災害とはなるべく無縁のエリアに住みたいですよね。

そう思って家探しを始めると、どこかのタイミング気付くはずです…

買える家がない!!

ハザードマップを気にして家探しするのって結構大変なんですよね。(笑)

そもそもハザードマップってどこまで気にしたらいいのって思いませんか?

そんな疑問に一つの答えを提示しようと今回は記事を書いていきます!

家探しをしているあなたのアドバイスになればうれしいです。

ぜひ、最後まで読んでいってください!

ハザードマップはどこまで気にしたらいいのか

ハザードマップはどこまで気にしたらいいか悩んでいる人は、許容範囲を想定してみましょう。

許容範囲ってどうゆうこと?

引用: 浸水深の色の見方と避難行動の目安

この画像は、杉並区ハザードマップの抜粋です。

このようにハザードマップでは、集中豪雨などで発生する河川の氾濫による浸水レベルを数値化されています。

マツ

浸水レベルが見える化されてるから結構想定しやすいね。

そしてこのハザードマップを使って許容範囲(落としどころ)を探っていきましょう。

どこまで気にするかではなく、どこまでなら許容できるかを考えるとわけですね。

ポイント

どこまでの浸水深なら許容できるかを考える!

とは言っても、なかなか許容範囲なんて決められないですよね。

そこで一つの目安をお伝えします。

筆者的には浸水深3m以上のエリアはおすすめしません。

浸水深3m以上の立地はおすすめしない

浸水深3m以上のエリアはあまりおすすめできません。

どうして3mなの?
その根拠は?

さっきの画像をもう一度確認してみましょう。

引用: 浸水深の色の見方と避難行動の目安

家や人物のシルエットとともに点線が各高さで引かれていますよね。

3mのラインでおよそ戸建の1階部分が天井まで埋まっているのがお判りでしょうか?

この場合、もし避難が遅れても2階や3階に避難することで多少安全を図るかもしれません。

ですが、3m以上の浸水深さでは2階や3階も浸水するので避難が大変困難になる可能性が高いのです。

浸水深3mを基準にした理由
  • 浸水3mで戸建の1階部分が浸水する
  • 3m超だと命の危険性が上がる可能性がある

こんな感じで、万が一のことを想定しながら考えてみるといいでしょう。

つまり、浸水深さが0.5m未満のエリアなどであれば、「許容範囲内だな」と思う人もいるのではないでしょうか?

マツ

3m以下であれば安全を(命を)保証できるわけでもありません。検討する上で一つの指標だと考えてください。

ちなみに、一般的な戸建の天井高は大体2.2m~2.5mくらいです。

購入する家の階数や高さに合わせて考えてもいいかもしれませんね。

天井高については「戸建ての天井高は○○mがベスト!天井高が高いメリット・デメリットとは」の記事で詳しく解説しています。

悩み

うぅーん………
たとえ0.5mでも浸水は浸水だし…。
やっぱ気にしちゃうよ…。

マツ

そんな人は次の章でいくつかアドバイスしてるので見てみてね。

それでもどうしてもハザードマップが気になる人へ

悩み

たとえ浸水深が低くても気になっちゃう!

「めちゃくちゃ気にする」って人は、浸水する影響の少ない高台エリアを選びましょう。

どうしてもハザードマップが気になる人へ
  • 高台なら浸水リスクが低い
  • 高台は値段が高い傾向がある
  • 戸建てよりマンションの方が低リスク
  • 水害保険を手厚くする

ハザードマップがどうしても気になるようであれば、やはり浸水エリアを避けてマイホームを購入するしかありません。

あとは、戸建てじゃなくてマンションを買うのが良いでしょう。

高層階に住めば直接の浸水被害の心配は無くなりますよね。

マイホームに求める条件に合わせて、柔軟に検討してみてください。

ハザードマップの活用方法と確認できること

そもそもハザードマップの正しい見方や活用方法を知っていますか?

案外ハザードマップって見たこと無いって人が多いんですよ。

ちなみに、最近はインターネットの市区町村のサイトで簡単に見れるのでぜひ調べてみてください!

ここでは、ハザードマップの見方と活用方法をお教えします。

ハザードマップで確認できること

ハザードマップを使えば住まいのエリアがどの程度の浸水深さなのかを知ることができます。

引用:新宿区区役所ホームページより
https://www.city.shinjuku.lg.jp/anzen/file03_00016.html
浸水深の見方
ハザードマップの見方
  • どのような被害を想定しているか確認
  • 浸水深さを色の濃さで判断
  • 最寄りの避難所も確認できる
  • 各市区町村のホームページで取得可能

ハザードマップには最寄りの避難場所も記載してあります。

災害時にはどこに避難すれば良いのかも一目瞭然ですね。

ちなみに、物件情報サイトのホームズなら、家探しと合わせてハザードマップの確認もできちゃいます!(ホームズ公式サイトはこちら

詳しくは下記の記事で紹介しているので、ぜひ有効的に使ってみてください。

詳しくはこちらの記事から>>>
⇒【口コミ・評判】SUUMO・アットホーム・ホームズ3比較してみた

ハザードマップの本来の使い方

ハザードマップは「危ないエリアを探し出すため」に使うものだと勘違いしている人が多いです。

マツ

「ハザードマップ=危険」じゃないですよ?

例えば、下図の「東京都江戸川区水害ハザードマップ」を見てください。

引用:江戸川区ホームページ
悩み

どこを見渡しても真っ赤だ…

23区の城東エリアは「海抜ゼロメートル地域」とも呼ばれています。

そのため、このように江戸川区エリアのほとんどが浸水の恐れアリとなってしまいます。

マツ

でも江戸川区に住めるところはないのか?と言ったら、そんなことありませんよね

ハザードマップの本来の用途は住めないエリアを探し出すものではありません。

ハザードマップ本来の目的

災害が発生した際にどこに避難しどのような準備・対応をすれば良いかが示されている指南書」である

家探しで気になるのはむしろ当たり前ですが、「ハザードマップ=悪」と誤解しないようにしましょう。

ハザードマップとは
  • リスクをあらかじめ認識するものである
  • どう対策を講じるのか確認するもの
  • 避難場所はどこなのか確認するもの

大切なのはハザードマップの中身を確認し、どのような事前対策を行うかです。

ハザードマップを正しく利用して、有効活用していきましょう。

【ハザードマップよりも重要】浸水履歴のある家には住むな

ハザードマップと合わせて確認しておきたいのが、浸水履歴です。

ハザードマップは気にする人はいるんですけど、浸水履歴まで気にする人はそこまで多くありません。

マツ

なんならハザードマップよりも重要ですよ!

浸水履歴とは

過去十数年に遡り、「どのエリア」で「どんな災害時」に「どの程度」の浸水被害があったが調べることが可能。

役所で調べることができます。
(記録によっては詳細がない場合もあり)

まずは浸水履歴がどんなものなのか解説していきたい思います。

浸水履歴の見方

引用:杉並区の浸水履歴

これは杉並区の浸水履歴の一部です。

浸水した場所と被害と年度が一覧で書いてありますね。

程度にもよりますが、直近10年前後の間に浸水歴がなければひとまず安心でしょう。

浸水履歴のある場所は避けるべし

マツ

個人的には、ハザードマップよりも浸水履歴を気にした方がいいと思います!

理由としては、先程述べたように「浸水履歴があった場所は、再度浸水被害が発生する可能性が高い」からです。

しかも、過去に実際発生した実績もあるので信憑性は高いです。

浸水履歴の確認
  • ハザードマップだけでなく浸水履歴も確認する
  • 過去に浸水歴があれば、その場所は避ける
  • 川沿いでなくても注意が必要

川沿いエリアは危険性が高くなりますが、その分お値段も安くなることが多いです。

「何よりも価格優先!」という人以外は購入は控えた方がいいと思います。

【まとめ】ハザードマップが気になるのは当たり前

今回はハザードマップはどこまで気にするかについて解説しました。

まとめ
  • 浸水域の範囲を確認すること
  • 浸水域の許容範囲を確認すること
  • 浸水履歴を確認すること
  • 避難場所を確認すること

ハザードマップと向き合うためにも、まずは上記4つの「確認事項」を押させておくことが大切です。

ちなみに、ハザードマップが気になるのは当たり前です。

また、個人でハザードマップに対する捉え方が違うのも当然です。

マツ

気にする・しないは夫婦間でも意見が違うし、個人差が出るとことですね。

ハザードマップをどこまで気にしたらいいかに正解はありません。

今回提案した考え方も一つの参考にして、今一度ハザードマップと向き合ってみてはいかがでしょうか。

家を買う前に読んで欲しい記事>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。