【実録】住宅ローン審査に落ちてしまう5つのパターン

どうも。

現役不動産営業マンのマツです。

悩み

住宅ローン審査に落ちやすいパターンってあるの?

マツ

住宅ローン審査が通らないケースは大きく分けて5つのパターンがあります!

残念ながら、住宅ローン審査に落ちてしまう人も珍しくありません

今回は実際にあった、住宅ローン審査に落ちてしまう主なケースを5つを紹介します。

もし、該当するものがあれば、銀行や不動産会社の人にぜひ相談してみてください。

この記事を最後まで読むとわかること
  • 実際によくある住宅ローン審査に落ちるケースが分かる
  • ケースに合わせた対策が取れる

住宅ローン審査に落ちた5つのパターン

住宅ローン審査に落ちてしまった実例を5パターン紹介します。

住宅ローン審査に落ちる6つのパターン
  1. 団体信用生命保険に入れない
  2. クレジットカードの延滞やリボ払い
  3. 永住権を取得していない
  4. 未婚の単身者
  5. 確定申告で収入を落とす

今回は比較的メジャーなものを選別しました。

もし該当するかもという方がいたら注意してくださいね。

この5つ以外にも住宅ローン審査に落ちてしまうケースはさまざまあります。

団体信用生命保険に入れない

住宅ローンを利用する際は「団体信用生命保険 (通称:団信)」に加入が必須となります。

この団体信用生命保険に加入できずに、 住宅ローン審査に落ちるケースがあります。

保険加入の際は健康状態が良好である必要があるので、通院されている方や持病を抱えている方は要チェックです!

ただし、健康状態が悪いからといってあきらめてはいけません!

最近は「ワイド型団信」や「 フラット35 」となどを利用すれば、住宅ローン審査も通過することができる可能性があります。

ポイント

健康状態が悪いと団信に加入できない

クレジットカードの延滞やリボ払い

マツ

クレジットカードが、分割払いやボーナス払いもしくはリボ払いになってないですか?

身に覚えが無いところで、クレジットカードがリボ払いになっていたなんてケースは本当に多いです。

ポイント

リボ払いや延滞があると住宅ローン審査にマイナス影響

またクレジットカードによっては年会費が発生するものも一部あります。

使用していないカードの年会費を延滞していたなんてことがないか確認しておいてください。

永住権を取得していない

近年、海外の方(特にアジア圏出身の方)が、日本でマイホームを購入するケースも増えてきています。

その場合、重要なポイントが「永住権を持っているか否か」ということです。

ポイント

永住権の有無で審査基準が大きく異なります。頭金の金額や借入条件などに違いが出てきます。

もし仮に審査が通過しても、物件金額満額の融資は難しく、頭金が発生する可能性が高いです。

悩み

「頭金」ってどのくらい必要なの?

物件金額の2割程度を求められるケースが多いです。

そのため、自己資金が足りないんて方も多くいるのが現状ですね。

永住権を持っていなくても審査してくれる銀行もあります。

未婚の単身者

悩み

結婚しているかどうかなんて住宅ローンの審査上に影響があるの?

マツ

家を買う理由・背景なんてのも審査するときはチェックされるんです。

皆さんは、フラット35が不正利用されていたというニュースはご存知でしょうか?

出典:日本日経新聞(2020年2月4日記事抜粋)

不動産投資目的にもかかわらず、居住用と偽りフラット35を利用したというニュースです。

この事件により、単身者の住宅ローンは「投資用では?」との疑いがもたれるようになり、審査が大変厳しくなりました。

ポイント

単身者でも、マイホームを購入する理由がしっかりしていれば問題ない!

マツ

一概に単身者だからダメというわけではなさそうですが、不正融資の件以降あきらかに審査が厳しくなっているようです。

確定申告により収入を落とす

個人事業主の方は、源泉徴収票ではなく確定申告書も用いて住宅ローン審査を行います

そのため、経費計上などで所得を大幅に下方修正しているとローンが組めないケースがあります。

銀行は最終所得で審査しますので、本当は儲かっていても審査が通らないという方は結構います。

ポイント
  • 住宅ローン審査は源泉か確定申告書が必要となる
  • 確定申告の場合は、経費計上後の最終所得金額で審査がされる

また、個人事業主の場合や会社経営者の方はローンを組む時は、頭金が必要になるケースが多いです。

【まとめ】住宅ローンは銀行に相談するのが一番

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した5パターンのおさらいです。

住宅ローン審査に落ちる6つのパターン
  1. 団体信用生命保険に入れない
  2. クレジットカードの延滞やリボ払い
  3. 永住権を取得していない
  4. 未婚の単身者
  5. 確定申告で収入を落とす

この5つのパターンに該当している人は要注意ですね。

ですが、結局のところご自身であれこれ考えても悩んでも結果が出るものではません

まずは、各金融機関で住宅ローンの事前審査(仮審査)ができるので一度やってみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
@マツ
大学卒業後はドラッグストアに就職し薬の販売員へ 仕事が退屈になり転職を決意! 宅建を独学で勉強し、半年後宅建士へ その後は不動産投資の営業マンへ転職し 2年後、実需の販売をしたく転職 現在は戸建てマンションの営業マンとして仕事中 ブログを通してマイホームを購入する人たちへ 有益な情報を届けます!