[知らないとマズイ!]住宅購入後に必要な思わぬ出費!

どうも。現役不動産営業マンのマツです。

マツ

今回は、意外と知らない新築物件購入後に発生する出費をご説明いたします。


「諸費用がいくらかかるか知りたい」という質問は数多く受けますが、案外新築購入後に発生する出費を知らない方がいらっしゃいます。


今回は、新築物件を購入した場合にかかってくる思わぬ出費をまとめてみました。

購入後にかかる費用
  • 各部屋のエアコン
  • カーテンとカーテンレール
  • 網戸
  • 電球
  • テレビアンテナ・インターネット回線

上記の項目が、おおよそどの物件にも必要になってくる出費です。


どうでしょうか?

もしかしたら想像していたよりも項目が多かったり、金額が高額になってしまうなんて人もいるのではないでしょうか?


想定外の出費で困らないためにも、事前に出費が発生する可能性の高いものをまとめておきましたので、是非参考にしてみてください。

この記事を最後まで読むとわかること
  • 物件購入後の必要な出費項目とおおよその額
  • 資金繰りに不安のある人へ解消

新築購入後に発生する出費のまとめ


新築に住まうために必要な備品・準備
  • 各部屋へのエアコンの取り付け
  • カーテンとカーテンレール(必要個所)
  • 網戸(推奨)
  • 電球
  • テレビアンテナ・インターネット回線

冒頭でも述べましたが、上記で示したものは新築に住むにあたり「なくてはならない」もしくは「あった方が良い」ものです。

購入後にかかってくる費用になるので、不動産会社や工務店などではここまでの費用を事前に算出しません。

総額で考えるとウン十万はしてくるものなので、しっかりと準備をしておきましょう。

各部屋のエアコン


夏場・冬場に物件を購入するのであればエアコンは必須ではないでしょうか。


エアコンが新築に備わっていない理由としては、エアコンの取り付けの際に「ダクト」と呼ばれるホースのようなものを取り付ける必要があります。

これは、壁に穴をあけて外に通すという作業になります。


普通に考えて、新築の家の壁に穴をあけるという行為はできませんよね(欠陥住宅になります…笑)



ということで、新築にはエアコンは装備されていないのです。


3LDKであれば、各居室3台とLDKに1台で最低でも4台のエアコンは必要なります。


家電量販店でエアコン本体の購入と取付工事を依頼できますが、おおよそ一件あたり30万円~50万円程度は費用が掛かります。(値段はピンキリですので、必ず確認をしておいてください。夏場とかの繁忙期ですと作業着工に時間がかかる場合もあります。)


エアコンは台数も必要ですし、ある程度まとまった出費になりますので、事前に確認しておくことをオススメ致します。

カーテンとカーテンレール

カーテンとカーテンレールも最初から備わっているものではありません。


一昔前までは、カーテンが最初から付いているものもあったそうですが、好みが出てくる部分ですし、内装のイメージも大きく変わってくることから、購入者側で購入と取付を原則行います。


最近では、カーテンではなくブラインドタイプにしたりなど、ちょっとオシャレな感じにするもの流行っています。


費用を安く抑えたいのであればDIYでも取り付け可能です。

業者等に依頼する場合は数万~十万程度で設置可能かと思われます。

網戸


網戸も物件によっては最初から付いていないものがあります。

付いていても、全ての窓に設置されていないケースがあります。


網戸は、「虫よけ・換気・湿度調整などの役割を果たしており、可能であれば全居室に設けたいところですね。

小窓や片開のような窓には必要ないかもしれませんが、あった方が良いものになりますので、ぜひ設置してください。

費用としては、設置するもののグレードにもよりますが、1枚4、5千円くらいはかかると思います。

ある程度まとまった枚数を設置するとなると、お値段もかかってくるので確認が必要ですね。

照明


居室やLDKのメイン照明は、購入後に設置することになります。


LEDや白熱電球、それに太陽光のようなオレンジかかった色や白色の物だったりとタイプも様々です。

自身の好みや部屋の雰囲気に合ったものを設置してください。

家電量販店に販売されているもので大丈夫ですので、型を確認しておきましょう。

費用も数万程度で購入可能だと思いますので、引っ越しの前には準備しておきたいですね。

テレビアンテナ・インターネット(電話)回線


テレビアンテナや電話・インターネット回線は当然ですが、設置されていません。

ご自身で設置が必要になりますので、準備をするようにしてください。

費用はテレビ・インターネットであれば5万円以内程度と言ったところです。

もちろんBSアンテナなどのオプションを加えていくともう少し費用は掛かるかもしれません。


各社、キャンペーンなどでサービスや価格の割引などを行っている場合もあるので、時間があえれば色々と見積もりを取ってみるのもいいかもしれません。

最大の出費は「引っ越し費用」

住宅購入後の出費として忘れてはならないのが、「引っ越し費用」です。

ここでは、引っ越し費用を少しでも安く抑えるためにいくつかポイントをご紹介致します。

マツ

引っ越し費用は、場所や荷物量や時期などの条件で金額が大きく変わるのでなるべく多くの業者に見積もりを取りましょう。

引っ越し費用が安くなるポイント
  • 時間指定をしない
  • 土日祝日を避ける
  • 月末・月初を避ける
  • なるべく不要な荷物を捨てる

休日や時間などの指定をすると高くなるので、なるべく午後やフリーの便を使うことで費用を抑えることができます。

また、月初や月末は賃貸の更新などで引っ越し依頼が多くなる傾向にあるので、避けると費用面を少し抑えられるでしょう。

旧住所地から新住所地までの距離や、運ぶ荷物量、さらには繁忙期(2月頃から4月程度)等どうしても削れない部分も多くあります。

最も損しない方法としては、やはり1件でも多くの業者に見積もり依頼をかけ相みつを取ることなのでオススメです。

引渡し日がわかったらなるべく早めに準備しよう


今回紹介したエアコンやカーテン・照明等は引っ越し日が決まったら、なるべく早めに準備しましょう。

特にエアコンなどは夏場の繁忙期だと設置工事が殺到するのでなかなか迅速な対応が難しい場合も多いです。

混雑具合や金額を確認するうえでも、物件の引き渡し日や引越日が決まったら、なるべく早めに確認をするようにしましょう。

意外な出費のまとめ

今回は、新築物件の購入後に発生する出費についてまとめさせていただきました。


不動産会社の人も、物件購入関わる諸経費に関してはしっかり説明してくれますが、その後の出費までは教えてくれません。


金額に直すと無視できない額なので、予め予算を決めておいたり、資金の確保が大切ですね。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

@マツ
大学卒業後はドラッグストアに就職し薬の販売員へ 仕事が退屈になり転職を決意! 宅建を独学で勉強し、半年後宅建士へ その後は不動産投資の営業マンへ転職し 2年後、実需の販売をしたく転職 現在は戸建てマンションの営業マンとして仕事中 ブログを通してマイホームを購入する人たちへ 有益な情報を届けます!