【2022年版】住宅ローン減税の控除率と上限額をまとめてみた

悩み
  • 住宅ローン減税の控除率が変わるってホント?
  • いくら還付されるの?
  • 適用条件はどうなった?
この記事を読むとわかること
  • 2022年版住宅ローン減税の控除率
  • 適用要件のまとめ

どうも。

現役不動産営業マンのマツです。

住宅ローンを利用すると所得税や住民税が還付されるのをご存知ですか?

いわゆる「住宅ローン減税」ってやつですね。

実は住宅ローン減税は2021年で終了する予定だったんです。

ですが、2022年以降も継続されることが決まりました!

しかし…

手放しで喜べない事態が発生しています…

なんと、減税による控除率や上限額が大幅に縮小されてしまうのです!

そこで今回は、2022年以降住宅ローン減税がどう変わるのかをまとめてみました。

マイホーム購入を検討している人は必ず抑えておきたいですね。

【2022年〜】住宅ローン減税の控除率が縮小

残念ながら2022年度から住宅ローン減税の控除率が縮小されます。

住宅ローン減税の控除率

従来:1% ⇨ 2022年度以降:0.7%

以前は1%あった控除率も0.7%へと縮小です。

例)0.7%の控除率

従来:借入残高4000万円なら最大約40万円が還付

2022年以降:借入残高4000万円なら最大約27万円の還付

パーセンテージは小さくても金額に直すと結構な金額差ですよね。

さらに、以前はこの減税対象であった借入限度額も引き下げとなっています。

住宅ローンの関連記事はこちら>>>

住宅ローン減税による借入限度額の引き下げ

住宅ローン減税の控除率だけでなく、借入限度額まで引き下げの対象となりました。

これは新築か中古かによっても違いがあります。

さらに、新築の中でもいくつかの分類に分かれています。

自身が購入検討して物件がどれに該当するのかしっかり確認しておきましょう。

新築住宅の借入限度額の一覧

まずは、新築住宅の借入限度額です。

次に紹介する年は全て「入居する年」になります。
購入した年ではないので注意してください

新築住宅の借入限度額まとめ

長期優良住宅または低炭素住宅
2022年〜2023年⇨5000万円
2024年〜2025年⇨4500万円

・ZEH住宅
2022年〜2023年⇨4500万円
2024年〜2025年⇨3500万円

・省エネ基準適合住宅
2022年〜2023年⇨4500万円
2024年〜2025年⇨3500万円

・それ以外(一般新築)
2022年〜2023年⇨3000万円
2024年〜2025年⇨0円(※)

※:2023年までに新築の建築確認がされている場合2000万円

取得する住宅の種類によって段階的に引き下げが行われています。

省エネやエコ住宅は借入限度額が大きくなっています。

これらの借入限度額を超えた部分については住宅ローン減税の対象外になるので覚えておきましょう。

また、物件の種類によって金額が大きく異なるので注意も必要です。

ZEH住宅に関する記事はこちら>>>

中古住宅の借入限度額

次に中古住宅の場合を見ていきましょう。

中古住宅の借入限度額まとめ

長期優良住宅・低炭素住宅・ZEH住宅・省エネ基準適合住宅
2022年〜2025年⇨3000万円

・それ以外(一般新築)
2022年〜2025年⇨2000万円

新築ほど種類や対象年度が分類されてはいませんね。

最近は中古の戸建てやマンションも市場が大きいです。

中古物件の購入を検討している人は確認しておいてください。

中古住宅に関する記事はこちら>>>

控除期間は最大で13年間

2021年までは控除期間は10年間でした。

これが消費税引き上げを理由に2022年以降は13年に期間が伸びています。

控除期間のまとめ
  • 新築住宅:13年
  • 中古住宅:10年

中古住宅の方が期間が短いの注意しましょう。

マツ

複雑すぎるので簡素化して欲しいですよね(笑)

所得金額・面積・築年数による控除条件

住宅ローン減税を受けるためにはその他にもいくつか条件があります。

合計所得金額

合計所得金額:2000万円以下

床面積

床面積50㎡以上

※新築は2023年までに建築確認されていて
合計所得金額が1000万円以下であれば床面積40㎡以上

中古住宅の場合の築年数

築年数:新耐震基準以上(1982年以降に建築された住宅)

ここも少し従来からの変更がある部分です。

勘違いしないように確認しておきましょう。

適応条件の詳細はこちら>>>

逆さや問題による住宅ローン減税改悪

住宅ローンの逆ざや問題を聞いたことはあるでしょうか?

簡単に言えば、住宅ローンを組むことで儲かる現象のことです。

悩み

お金を借りるのに儲かるの?

住宅ローンを組むと利息の支払いが発生します。

その利息分が負担にならないよう税金を還付するのが住宅ローン減税の目的でした。

当時の借入金利は1%前後だったので控除額も1%に設定されていました。

しかし!

そこへ超低金利と言われる時代が到来したのです。

現在の住宅ローン借入金利は、どこの金融機関も変動金利で0.4%台~0.7%程度で推移しています。

ネット銀行だと0.3%台のところも出てきているくらいです。

つまり…

逆ざやの仕組み
  • 借入残高3000万円→住宅ローン減税1%=控除額30万円
  • 借入金額3000万円→金利0.5%の1年間利息=15万円

控除額30万ー利息15万=15万の利益

厳密にはもっと細かい計算になりますが、簡単に解説するとこんな形になります。

つまり、住宅ローンでお金を借りることでなぜか儲かるという仕組みが出来上がっているのです。

これこそが問題視されている「逆ざや」というやつです。

【まとめ】住宅購入の前にローン減税についてしておこう

今回は、2022年度以降の住宅ローン減税の適応内容についてまとめました。

いくら控除額が従来より減ったからと言えども還付される金額を充てにする人は多いです。

特に中古などは、うっかり住宅ローン減税対象外だったなんてことも起こり得やすいです。

まずは家を買う前にしっかり住宅ローン減税について知っておくことが大切ですね。

家探しをする前に読んで欲しい記事>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
@マツ
大学卒業後はドラッグストアに就職し薬の販売員へ 仕事が退屈になり転職を決意! 宅建を独学で勉強し、半年後宅建士へ その後は不動産投資の営業マンへ転職し 2年後、実需の販売をしたく転職 現在は戸建てマンションの営業マンとして仕事中 ブログを通してマイホームを購入する人たちへ 有益な情報を届けます!