宅建試験は8割できれば合格できる‼︎

どうも。現役不動産営業マンのマツです。

悩み

宅建試験って毎年合格点が違うけど、何点取れれば合格安全圏なの?

結論から言えば、宅建試験は8割(40点以上)正解できれば間違いなく合格できると言っても過言ではありません。

宅建試験は毎年合格ラインが違うのに、どうして8割という明確な数字が言えるのでしょうか?

今回は、宅建試験の合格基準や、8割の正答率を叩き出すための方法を解説していきます。

マツ

大切なのは「満点をとる必要なんてない」ってことですね。

この記事を最後まで読むとわかること
  • 宅建試験の合格基準
  • 宅建試験で8割正解するための方法

宅建試験は8割正答できれば間違いなく合格できます

何度も言いますが、宅建試験は8割正答できれば間違いなく合格圏内であると言えます。

どうしてそう言い切れるのか?

その理由を解説するにあたり、まずは宅建試験の合否がどのように定められているのか確認していきましょう。

宅建試験の合否のポイント
  • 合格点(合格ライン)は毎年違う
  • 合否判定は明確に公表されていない
  • 合格者数や合格率を予め設定する「相対評価方式」を採用している
  • 合格率はおおよそ15%程度で毎年推移している

知らなかった方もいるかと思いますが、宅建試験の合格点とは毎年変動します。

受験した年の合格点は、合格発表時でないとわからないのです。

実は、宅建試験には合格率というものがあらかじめ設けられており、その目安数値はおおよそ15%前後らしいということ。

つまり、受験した年の問題の平均点により、合格ラインも上下するわけですね。

では、どうして8割正解できればまちがいなく合格と言えるのでしょうか?

宅建試験は8割正答できれば合格できると言える理由

出典:一般社団法人 不動産適正取引推進機構よりhttp://www.retio.or.jp/exam/takken_shiken.html#topic1

これは、令和元年から過去10年分の試験実施状況になります。
(一般社団法人不動産適正取引推進機構より一部抜粋)

こちらの「合格基準点」の中にある「一般受験者」という項目を見て下さい。

これがいわゆるその年の合格点になるのですが、過去10年の中で一度として合格点が40点以上になったことがないのです。

つまり、合格率を15%前後に設定すると合格点は必然と35点前後で推移してくるんですね。

とある年では、7割程度の正答率でも合格できちゃいます。(笑)

こう見たら、50問中8割である40問以上の正解で、合格はほぼ確実だと思いませんか?

10問も間違えてもいいんですよ?

5問に1問は間違えてもいいんですよ?

こう考えたらなんか合格できそうな気がしてきませんか?(笑)

実際、勉強していた当時の私も、この考えに至ってからはだいぶ気持ちが楽になりました。

どうしても不安から完璧を追い求めがちになってしまいますが、そんな必要はどこにもないんです!

完璧ではなく、できるところから着実に正解数を稼げるようにしましょう。

宅建試験で8割の正解率を目指すため必要なこと

それでは、宅建試験で8割の正解を導くためには、どのようなことにポイントをおき勉強すればいいのでしょうか?

宅建試験は、大きく4ジャンルから構成されています。

宅建試験の4ジャンル
  • 宅建業法
  • 権利関係(民法)
  • 法令上の制限
  • 税・その他

この4ジャンルはそれぞれ出題数も違いますし、苦手意識が出る分野もあることでしょう。

ジャンルごとの特徴や問題への取り組み方を一つづ見ていきましょう。

宅建業法

宅建業法は、「宅地建物取引士に関する内容」を問う問題です。

今後、宅地建物取引士として活躍していこうと考えている人には、とても重要な分野になります。

宅建業法は宅建試験の中でも最も出題数が多く、50問中20問前後です。

そして、ここでいかに点数が取れるかが一つの合否ポイントとなってきます。

宅建業法は暗記部分が大半ですので、毎日繰り返し反復学習をしていけば間違いなく点数が取れてきます。

勉強が苦手という人でも点数の稼ぎポイントなので頑張ってください。

目標としては最低でも15問以上は正解しておきたいです。

マツ

合格安全圏を狙うなら、18問以上正解は欲しいところですね。

宅建問題アプリや一問一答のように、時間や場所を問わず勉強できるスタイルで毎日積み上げていくのがオススメです。

権利関係(民法)

宅建試験の中でも、この権利関係が一番苦手という人も多いです。

配点は14問前後と宅建業法についで問題数が多いので、決して手を抜けないジャンルになります。

苦手意識をもたれる方が多い理由としては、「法律に触れたことがない」という点です。

独特な表現や言い回しが多く、簡単な内容なのにどうしても理解しにくい部分があります。

権利関係は「理解することが大切」になってきます。

私も権利関係を勉強した時は、まず法律的な考え方から理解するようにしていました。

マツ

法律的な考え方を勉強するのに、めちゃくちゃ役に立った本を紹介しておきます。苦手意思があるひとは、参考にして見てください。

目標正解数は2ケタといったところでしょうか。

民法がどうしても苦手でなかなか点数が取れないという人は、宅建業法でカバーするイメージでいてください。

そのためにも宅建業法は完璧に近い形にしておく必要がありますね。

もし、2ケタ正解が難しいようであっても、他ジャンルで巻き返し可能なので、あきらめないでください

法令上の制限

法令上の制限とは主に建築基準法に関係してくる内容になります。

マツ

個人的に一番キツかったのがここですね…(笑)

とにかく建造物を建築するにあたっての制限がとにかく多いこと…。

建築基準法って何?」っていうくらい不動産知識ゼロレベルだったので、さっぱりわからなかったです。

法令上の制限は8問前後出題されるので5問程度は正解できるようにしておきましょう。

法令上の制限もほぼ暗記分野なので、覚えてしまったらむしろ点数の稼げるチャンスです。

また、既に不動産経験がある方などでは日常業務でも役に立つ内容も多いので、公私ともに役立てると思います。

税・その他

ここも8問前後出題が予想され、満点近くを狙うジャンルになります。

不動産関係の税金関係(譲渡税や相続税、住宅ローン控除等)が主な出題内容となってきます。

ファイナンシャルプランナーの資格を持っている方や、勉強したことある方はリンクしてくる部分もあり勉強が楽かもしれません。

マツ

ためになるような興味深いお金の話も多かったので、結構すらすら勉強できました。

「その他」の部分は、 不動産評価方法、土地や建物に関する総合的な知識、統計情報に関する問題が中心となっています。

さほど難しい内容ではありませんし、統計情報なんて試験開始数時間前に目を通しておけば解けるような内容なので、確実に点数を稼ぎましょう。

また、この「税・その他」に関しては5問免除という特別なルールがあります。

宅建登録講習」という講習を受けていただき、「 登録講習修了者証明書 」を発行してもらえれば、宅建試験の5問分が免除になるというものです。

免除される範囲
  • 宅地および建物に関する法令並びに実務に関すること
  • 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること

是非とも5問免除したいところですが、だれでも利用できる制度ではありません

講習受講資格は宅建取引業についていることが条件なので、不動産関係の仕事をしている人なら受講できます。

宅建試験の正答率を8割に導くための回答テクニック

実際に、8割の点数を確保するために必要なテクニックはなにか?

それは問題の出題傾向(スタイル)を知るということです。

宅建試験は、マークシート方式の回答になります。

また、問題形式はほとんどが正誤を問うものばかりで、選択肢も大半が4択でたまに5択といった感じです。

まずは、この問題形式に慣れることが大切ですね。

重要語句を1個1個覚えていても、試験では何の点数にも繋がりません。

マツ

4択問題もしっかり勉強をしてくと簡単に2択まで絞ることが可能となってきます。

中でも、過去問を重点的に取り組というのが一つ効果的な方法となってきます。

宅建業法や民法の改正などもあるので、そこまで過去さかのぼってやらずともいいかもしれませんが、過去10年分の出題を一通りやっておけば問題ないでしょう。

【結論】宅建試験を8割以上正解することは難しくない

宅建試験は合格率15%前後の難しい試験なんてイメージを持たれたり、何年もかけてようやく合格できたなんて話もよく聞きます。

ですが、実際は半年間の独学でも1発合格できる程度の試験なんです。

マツ

私が宅建試験に合格した時は、仕事をしながら半年間の独学で一発合格でした!

関連記事:宅建試験に独学で一発合格できた理由を公開します!

ちゃんと合格するための勉強をしなければダメですし、対策も練って挑まないといけませんが、全く無理な試験ではなんです。

今年受験をされる方はぜひ、合格できると信じで頑張って勉強を続けてみてください。

また、合格に向けて有益な情報はどんどん公開していこうと思います!

それでは、また。

宅建試験に合格したい人へ

悩み
  • 一発合格を目指したい
  • 過去に受験して失敗している…
  • 独学で合格を勝ち取る自信がない…
マツ

そんな悩みを持っている人には、「資格スクエア」がオススメ!

「資格スクエア」のココがオススメ!
  • オンライン特化型学習
  • 質疑応答のサポートも充実
  • 費用を抑えた独学プランも有り

スキマ時間にいつでも勉強できるオンライン講座が特徴。

さらに、AIによる出題予測「未来問」を模擬試験形式でオンライン上で受験することが可能。

通常講座よりも価格をグッと抑えた、「独学プラン」もあるためお財布にもやさしい!

宅建講座受講生合格率は79%という驚異的な数字。
※上記合格率は宅建試験合格発表後に受講生にメールにてアンケートを実施し、集計したデータです。2019年12月11日までの判明分

宅建試験突破を目指すなら、「資格スクエア」がオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

@マツ
大学卒業後はドラッグストアに就職し薬の販売員へ 仕事が退屈になり転職を決意! 宅建を独学で勉強し、半年後宅建士へ その後は不動産投資の営業マンへ転職し 2年後、実需の販売をしたく転職 現在は戸建てマンションの営業マンとして仕事中 ブログを通してマイホームを購入する人たちへ 有益な情報を届けます!