マンションを「高額」で「早く」売却するために知っておきたい5つのポイント!

どうも。現役不動産営業マンのマツです。

悩み
  • マンションを売りたけど築年数が古いから売れるか不安…
  • 少しでも高額で売りたいけど、どうしたらいいの?

築年数が古ければ古いほど、売りにくくなりますし値段も相場より安価になってしまうのは当然です。

ですが、どうせ売るなら1日でも「早く」、そして1円でも「高く」売りたいですよね。

ということで、今回はお住まいのマンションをなるべく早くそして高額で売る方法をご紹介致します!

この記事を最後まで読むとわかること
  • 築年数が古いマンションが売れない理由
  • 早く、高くマンションを売却する方法
マツ

今回紹介する方法を使えば絶対に早く、高く売れるわけでは無いのでご注意下さい。あくまでも参考に…

マンションを「高額」で「早く」売却するために知っておきたい5つのポイント!

早速ですが、築年数が古いマンションを早く・高額で売るための5つの方法をご紹介します。

ポイントごとにまとめてみましたので、しっかり押さえておきましょう。

5つのポイント
  • 室内をリフォーム・リノベーションする
  • 需要が高まるタイミングを狙って販売する
  • 売却査定は多くの不動産業者に依頼する
  • 売却の仲介を依頼する場合は1社に絞る
  • 周辺物件の相場を知る

以上が押さえてほしい5つのポイントになります。

このあと詳しく解説していきます!

室内をリフォーム・リノベーションする

中古物件が人気の理由は、なんと言っても値段の安さに魅力を感じる人が多いと思います。

逆に、中古物件のネックポイントとしては「汚れ」や「傷」、「劣化」などです。

ということは、値段が安くて室内が綺麗であれば中古物件でも全然問題なく売れるわけですよね。

そこで、リフォームやリノベーションといった行為がとても重要になってきます。

悩み

売却をするためだけにわざわざお金をかけたくないよ

マツ

そんな方はハウスクリーニングだけでも実施してください!

リフォームでお金をかけた分、売り出し金額も相場より高くできる傾向が多いです。

しかし、一時的にリフォーム費用が発生してします。

あまりお金を使いたくない人は、ハウスクリーニングだけでも実施するといいでしょう。

ハウスクリーニングだけでもだいぶ綺麗になりますし、リフォームほど大きな出費にはなりません。

ぜひ実行してみてください!

マツ

水回りや給湯器など、経年劣化に応じで部分的なリフォームだけでも効果は得られます。
お財布事情と相談しながら決めてみてください。

需要が高まるタイミングを狙って販売する

悩み

不動産が売りやすいタイミングって存在するの?

matsuda

不動産業界にも繁忙期と呼ばれる時期があります

  • 1月末~3月末
  • 9月~10月末

上記期間が不動産業界の繁忙期と言われている期間です。

売りやすさを考えれば、このタイミングに合わせて物件を販売することをオススメします。

1月から3月は就職や学校関係など、生活環境が変わるもしくは変えやすい時期であるため、最も物件が売れるタイミングだと思います。

9月から10月も転職のタイミングや夏の暑さも落ち着いて内見件数が増えてくる時期になりますので、比較的物件が売れるタイミングでしょう。

閑散期に販売し売れ残ったりすると、「売れ残り物件」というイメージがついてしまいますので注意が必要です。

マツ

どうしても今すぐ売りに出さなければならない場合は、時期に関係なく販売活動しちゃいましょう!

売却査定は多くの不動産業者に依頼する

悩み

物件の査定って1社だけでも十分でしょ?

マツ

査定をしてもらう場合は1社では不十分です!
必ず3社~5社など複数社に見てもらうといいでしょう。

査定をしてもらう際は、なるべく数多くの査定会社に見積もりをだしてもらうようにしてください。

どの会社も、「何とか我が社で販売活動をさせてもらいたい!」と思っているはずです。

そのため、相場よりも高い査定金額を出し、強引に案件を獲得しようとする業者も多いのが現実です。

適正価格を知るためにも、複数社に査定依頼することをオススメします。

また、不動産仲介業者だけでなく買取業者にも査定してもらうといいでしょう。

買取業者に物件を売るメリット
  • 話がまとまれば、ほぼ提示金額で物件を買い取ってくれる
  • 買い手を探すよりも短期で売却できるため、現金化が早い
  • リフォームやクリーニングなど売るための努力をしなくていいので楽チン
買取業者に物件を売るデメリット
  • 一般の買い手に物件を売るよりも、買い取り金額の方が低いため、現金化した際の利益が減る

ただし、金額を決めるのはあくまでも自分自身ですので、各社の査定金額を参考に売り出し金額を設定してください。

売却の仲介を依頼する場合は1社に絞る

悩み

なるべく多くの会社に仲介を依頼すれば早く物件が売れそうなのに…

マツ

査定の時とは逆で、仲介業者は1社のみに絞った方が良いんです!

仲介業者の立場になって考えてみましょう。

もし預かった物件が売れるのが自社の営業力次第となったら、なんとしてでもお客さんを見つけなければ!ってなりますよね。

これを複数の仲介業者に依頼すると、物件を販売する際に営業力を掛けなくなってしまうので、返って逆効果なんです。

なるべく査定は「複数社」に、仲介は「1社」に依頼するようにしましょう。

周辺物件の相場を知る

売り出し金額って結局いくらが妥当なの?

マツ

各社の査定金額と周辺相場を調べた上で、妥当金額を探りましょう!

まず、同じマンションで売りに出ている部屋があるのであれば必ずチェックしておきましょう。

SUUMOやアットホームなどの不動産ポータルサイトで確認すればすぐに出てきますので、確認しておいてください。

その際に「販売価格」、「平米数」、「リフォーム歴」、「間取り」等の確認を重点的に行ってください。

間取りの形やリフォーム歴などで販売価格も変わってきたりするので、あまりにも周辺物件の相場とかけ離れた金額設定では売れるものも売れません。

売り出し希望価格と実勢価格には乖離がつきものなので、「この価格なら絶対に売れるだろう」という金額より少し高めの金額から販売するといいでしょう。

築年数の古いマンションが売りにくい理由

悩み

築年数が古いマンションが売れない理由って、まさに「古い」ってことじゃないの?

マツ

まさにその通りなんです! でも、築年数が古いと何がダメか知っていますか?

築年が古いとなぜダメなのかを知ることによって、対策のやり方も出てきます。

まずは、築年数が古いマンションの特徴をご紹介します。

築年数が古いマンションの特徴
  • 共有部分(外壁、エントランス、廊下)などが汚い
  • 設備が古い
  • 管理費・修繕積立金が高い
  • 旧耐震基準の物件だと住宅ローン審査が通りにくい
  • 計画的な長期修繕がなされていない
  • 修繕積立金が少なかったり、借入があったりする

上記は中古マンションの購入を検討される方の多くがチェックする項目でもあります。

こうしたチェックポイントで難点があることが多いので、築年数が古いとなかなか売れないんですね。

今は中古マンション市場も盛んなので、売却金額さえ大きく間違えなければ売れないということはないように思います。

少しでも、ネックポイントをプラスにできるような努力を行うと、一気に売却しやすくなったりもしますので、売るための工夫をするように心がけましょう。

無料の査定サイトを上手く活用しよう

悩み

とりあえず、売却したらいくらになるの簡単に調べる方法はないの?

マツ

そんなときは、無料査定サイトや一括査定サイトを上手く活用しましょう!

現在は、住まいのマンションを無料で査定してくれるサイトが充実してます。

必要情報を入力しただけで、ある程度の金額が出てくるので、まずはその金額を把握してからより詳しい査定を不動産会社に依頼するのが良いでしょう。

中でも私がオススメしている売却一括査定サイトがありますので、一つご紹介しておきます!

無料で売却査定に比較はもちろん「不動産売却計画書」まで作成してもらえるので初心者でも安心です!!

60秒無料査定!!300社以上が登録している不動産売却査定サイトはこちらをクリック↓↓

まとめ

今回は不動産売却を中心にブログを書かせてもらいました。

物件購入もそうですが、物件売却もまた人生でそうそうある経験ではありません。

むしろほとんどの人が初めての体験だと思います。

取っ掛かりとしては、まずは無料査定などで大まかな売却額や流れを把握し、その後不動産業者に依頼するような感じがいいでしょう。

ぜひ、今回ご紹介した情報を参考に、少しでも早くそして高く売却できるよう工夫してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

@マツ
大学卒業後はドラッグストアに就職し薬の販売員へ 仕事が退屈になり転職を決意! 宅建を独学で勉強し、半年後宅建士へ その後は不動産投資の営業マンへ転職し 2年後、実需の販売をしたく転職 現在は戸建てマンションの営業マンとして仕事中 ブログを通してマイホームを購入する人たちへ 有益な情報を届けます!