共働き世帯にオススメ!得する住宅ローンの組み方を解説!!

どうも。現役不動産営業マンのマツです。

悩み

共働きの場合は、どのように住宅ローンを組むがいいんだろう?

共働き世帯にオススメの住宅ローン
  • ペアローン
  • 収入合算

仕事をしていると、ご主人一人が住宅ローンを支払うケースがまだまだ多いです。

ですが夫婦共働きであれば、単身で住宅ローンを組むよりも「ペアローン」や「収入合算」という形で住宅ローンを組んだ方が断然お得です。

今回は、共働き世帯に向けたペアローンや収入合算といった、住宅ローンの組み方についてわかりやすく解説していこうと思います。

マツ

それぞれの特徴を解説しますので、自分にあった方法を見つけてください!

この記事を最後まで読むとわかること
  • 住宅ローンの組み方の種類がわかる
  • 自分たちに見合った住宅ローンがわかる

共働き世帯にオススメの住宅ローンの組み方

まず、住宅ローンの組み方は主に以下のような3つがあります。

住宅ローンの主な組み方
  • 債務者が一人のパターン
  • ペアローン
  • 収入合算(世帯年収)

今回は、共働き世帯にオススメの住宅ローンの組み方として、「ペアローン」と「収入合算」についてご紹介していきます。

それぞれの仕組みを詳しくみていきましょう。

債務者が一人の通常ローン

言わずと知れた王道パターンで、住宅ローンを組む大半の方がこちらの方法を選択されます。

債務者が夫婦どちらか一方となり、債務者1人の年収をベースに借入額が決まります。

一般的にご主人が債務者となりローンを組むことが多いですが、奥さんが組んでも問題ありません。

基本的には、年収が最も高い方が債務者となるのがベターです。

マツ

実際に、共働きでも奥さん単身でローンを組むケースが何件かありました!

ペアローン

夫婦がそれぞれ主債務者となり借入を行うのが、このペアローンになります。


夫と妻とが借入金額をそれぞれ定め、毎月ローンを返済するような形です。

通常は年収の高い方が借入額を多くしますが、土地や建物の持ち分にも影響を与えるので、確認が必要です。

マツ

この後説明しますが、ペアローンの場合は夫婦各々が審査対象となりますので、注意してくださいね。

収入合算(世帯年収)

主債務者の所得に配偶者の所得を合算した世帯年収で住宅ローン審査を行ってもらう方法です。

俗に言う、連帯保証人制度を用いた借入方法です。

夫婦片一方だけでは借入希望額に届かない場合などは、配偶者の年収を足して借入額を増やす際などに使用します。

配偶者側は派遣やパートでも合算してくれる金融機関もありますので、チャンスが広がります。

ただし、場合によっては単純な合算ではなく、2分の1までしか足すことが出来ない金融機関などもあるので注意が必要です。

マツ

収入合算の債務者はあくまでもどちらか一方となります。

各種ローンの特徴

上記3つのローンの組み方は、それぞれどんな特徴があるのでしょうか?

主債務者がご主人のケースでポイントをまとめてみましたので、比較しながらチェックしてみてください。

債務者が一人の特徴

債務者
住宅ローン控除
所有権
団体信用生命保険

夫単体でローンを組む場合は、原則妻側には特に影響を及ばしません。

女性は妊娠や子育てなどで将来仕事を離れる場合などあるので、「債務者は夫一人が良いです」という家庭も多いです。

あくまでも、主債務者が夫一人になるため、所有権も夫側が一人で持つ形になります。

また、当然ながら住宅ローンを組んだ人しか住宅ローン控除(減税)を受けられないので、今回は夫のみの適応となります。

マツ

住宅ローン控除についてはこちらの記事も参考にしてみてください

住宅ローン控除を受けるための条件|現役営業マンがわかりやすく解説!

ペアローンの特徴

債務者
住宅ローン減税
所有権
団体信用生命保険

夫も妻も、それぞれが主債務者となって金融機関からお金を借りるのがペアローンの特徴です。

共働きであれば、二人ともに住宅ローン減税の恩恵をあやかれますし、団体信用生命保険にも加入できるのが魅力ですね。

夫一人で組む場合や収入合算とは違い、団体信用生命保険適応時にはそれぞれが借り入れた分しか残債がなくならないので注意が必要です。

メリット
  • 夫単体で組む時よりも合計借入額を多くすることが出来る
  • 夫婦で住宅ローン減税の効果を得れる
デメリット
  • 金融機関への手数料や印紙代などの諸経費が倍かかる
  • 片方が団体信用生命保険を適応しても残債は債務者分しか減らない
マツ

収入合算とペアローンはそれぞれが主債務者になれるかなれないかで大きく違います。各メリット・デメリットも合わせて掲載しましたので比較してみてください!

収入合算の特徴

債務者連帯保証人
住宅ローン減税
所有権
団体信用生命保険

収入合算の特徴は、あくまでも債務者(契約者)は夫一人だという点です。

妻は夫の返済が滞った場合に代わって支払う「連帯保証人」になる必要になります。

そのため、住宅ローン減税や所有権、団体信用生命保険などの適用者は夫のみとなります。

メリット
  • 世帯年収で審査してもらえるので、融資金額が増えやすい
  • 債務者が一人のため手数料や印紙代の諸経費も一人分で済む
デメリット
  • 住宅ローン減税の適応となるの債務者である夫のみ
  • 団体信用生命保険に加入できるは債務者である夫のみ
オススメ住宅ローン審査

「住宅ローンって結局どこの銀行が一番お得なの?」
そんなお悩みの方に、朗報です!!

なんと!一回の審査で70もの金融機関から比較して申し込みができるんです!!

住宅ローンで重要な「金利」「諸費用」「保障内容」「総支払額」の4項目を比較できるから、自分にピッタリの金融機関が見つけれます!!

【住宅本舗】まずはシミュレーション!!詳細はこちら

自分に合ったローンの組み方はどれ?

これだけ種類が多くなると、どんな形でローンを組むがいいのか迷ってしまいますよね。


迷わないためにも、いくつかオススメのパターンを紹介していきますので参考にしてみてください。

夫婦共働きの場合

夫婦共に正社員雇用として勤務している場合は、各々が住宅ローン減税を受けらるペアローンがオススメです。

借入金額は年収に応じで差を設ける形でいいと思います。

諸経費が2倍かかってしまいますが、収入や借入金額次第ではそれ以上の減税効果を十分に受けられますので、選択肢の第一候補ではないでしょうか。

夫が正社員で妻がパートの場合

この場合は、収入合算をすることで借入金額を増やすことが可能なケースがあります。

もし、夫単体でも希望額借入できれば問題ないですが、金額を増やしたい場合は収入合算を狙ってみましょう。

金融機関によってはパートでも収入合算をしてくれるところもありますし、一度トライしてみるだけの価値はあるかもしれません。

ただし、住宅ローン減税や団体信用生命保険になどの適応は無いためご注意ください。

組み方を決める際のポイント
  • 収入者が単体であれば、債務者一人の通常ローンで
  • 共働きであれば、雇用形態に応じて収入合算かペアローンで

共働きでも夫単体でもローンを組む方も大ですし、組み方に間違いはありません。

ただ、お金に関わる部分なので最も損をしない形で組みたいところですよね。


不安やわからないことがあれば、一度担当の不動産営業マンに聞いてみるのもいいですし、仮審査を行いどんな形で借り入れが可能なのか調べてみることをオススメします。

それでは、また。

住宅ローンを一括審査!!

面倒な住宅ローン審査を一括で!!
余計な手間も省けて、ピッタリな金融を見つけ出そう!

一括で、住宅ローン選びの重要な4項目を比較できるから面倒な金融機関選びもラクラク!

住宅ローン一括審査申込の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

@マツ
大学卒業後はドラッグストアに就職し薬の販売員へ 仕事が退屈になり転職を決意! 宅建を独学で勉強し、半年後宅建士へ その後は不動産投資の営業マンへ転職し 2年後、実需の販売をしたく転職 現在は戸建てマンションの営業マンとして仕事中 ブログを通してマイホームを購入する人たちへ 有益な情報を届けます!