戸建かマンションでもう悩まない!さまざまな角度から両者を徹底比較してみた

どうも。

現役不動産営業マンのマツです。

悩み

マイホームを購入したいけど、「戸建」と「マンション」どっちがいいんだろう?


マイホームを購入しようと探し初めの頃は、戸建とマンションの両方を検討している人を見かけます。

実際のところ、どちらを買おうか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、戸建とマンションの両者を項目別に徹底比較したいと思います。

比較することで、それぞれの持つ魅力が分かってくるはず!

どちらを購入しようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を最後まで読むとわかること
  • 戸建とマンションそれぞれのメリット・デメリット
  • 戸建とマンションの大きな違い
  • 戸建とマンションどっちが向いているか

戸建とマンションを項目別に徹底比較

戸建もマンションも当然ですが、良し悪しがあります。

そのため、戸建が良いのかそれともマンションが良いのか比較対象がないとなかなか判断できないですよね。

そこで、項目別に両者の比較を行っていきます!

比較する項目
  • 立地・利便性
  • 広さ(面積)
  • 資産性
  • 維持・メンテナンス
  • 防犯面

今回は、家を買うときに気にするであろうこちらの全5項目で比較検討します。
(ちなみに比較対象する物件のエリアは23区内という設定です)

そして、各項目を自分なりに4段階で評価してみました(笑)

住まい\項目立地・利便性広さ(面積)資産性維持・メンテナンス防犯面
戸建×
マンション×
◎…とても良い ○…良い △…普通 ×…イマイチ

次は、これらの評価結果をもとに、各項目ごとに解説をしていきたいと思います。

戸建とマンションにおける「立地・利便性」の比較

戸建とマンションの「立地・利便性」の評価
  • 戸建…△
  • マンション…◎

戸建の利便性は、「決して優れた場所ばかりではない」といったところでしょうか。

近くにスーパーやコンビニ、学校に役所など利便性が高い立地もあります。

ですが、戸建は住居エリア(閑静な住宅地など)に集中するため、どうしても利便性が悪くなりがちです。

駅から徒歩で10分~15分程度離れているなんてこともあり得ます。

一方、マンションは駅チカに位置する場合が多いですね。

駅周辺には大型のショッピングモールもあったりなど、利便性が飛躍的に上がります。

中には、駅から一度も外に出ずにマンションに入れる「駅直結型」や、1階がスーパーなんていうハイクオリティなマンションもありますよね。

マツ

駅距離や何より利便性を重視する場合は、マンションの方が良いかもしれません。

戸建とマンションにおける「広さ(面積)」の比較

戸建とマンションの「広さ(面積)」の評価
  • 戸建…○
  • マンション…

戸建の場合は2階、3階と上に高さを伸ばすことが可能です。

そのため、土地面積が小さくとも階数を増やしていけば延床面積も増やせます。

マンションは通常上下階が存在しませんので、戸建ならではの特徴と言えるでしょう。

ただし、無限に高さを伸ばすことはできません

建ぺい率」と「容積率」という建物の大きさを制限するものがエリアごとに設けられており、その規程以上の建造物は建築することができません。

さらには建物の広さだけではなく「高さ制限」なるものも存在します。

そのため3階の天井一部が斜めに下がっていたり(母屋下がり)、帖数以上に狭さや圧迫感を感じることもあるので注意が必要です。

一方マンションは、戸建と違って上下階が存在せず、ワンフロアにLDKや水回り・各居室が凝縮されるのでこじんまりとした感覚を抱くかもしれません。

戸建と同じ延床面積であっても、水回りの配置の関係でLDKは極端に小さくなることもあります。

ですが、日常生活における上下運動が戸少ないので、洗濯物を干したりなど家事負担の軽減はできるかもしれませんね。

戸建とマンションにおける「資産性」の比較

戸建とマンションの「広さ(面積)」の評価
  • 戸建…◎
  • マンション…×

資産性や将来性の観点から、「土地」が手に入ることが戸建最大の魅力かもしれません。

将来的に建替えても良し、売却しても良し、貸し出しても良しと多種多様な活用方法が考えられます。

相続なども視野に入れた購入検討の場合は、資産として手元にあっても困らない戸建がおすすめといえるでしょう。

もちろん、マンションを購入しても「土地」は手に入ります…が、

広大な敷地の一部が自己所有物になるだけですので、将来転用は全くと言っていいほど期待できません

マンションの将来性は、専有部分(購入した部屋)をリフォームして入居し続けるか、売却するくらいかと思います。

売却するにしても「管理費」や「修繕積立金」などの維持費は、将来にわたり増額し続けるの傾向が強いです。

そのため売却タイミングを見極めるのがなかなか難しでしょう。

マツ

長期修繕計画書」などがあれば参考にし、売却時期を決定するのもいいかもしれませんね。

戸建とマンションにおける「維持・メンテナンス」の比較

戸建とマンションの「維持・メンテナンス」の評価
  • 戸建…×
  • マンション…

マンションだと維持費用として「管理費」と「修繕積立金」というものが毎月発生します。

戸建では上記ような毎月のランニングコストはかかりません。

ですが、戸建ででも当然のように摩耗や劣化が発生します。

木造住宅であれば10年~15年に1度は軽微なものを含めたリフォームが必要になるとも言われます。

そのため、毎月1万円程度でもいいので維持メンテナンス費用として貯蓄するのがオススメです。

近年は異常気候の影響などもあり、予想外の突発的な修繕が必要なケースも増えてきてます。

1年・3年・5年と定期的に点検の実施などするとより良いでしょう。

マンションでは、この管理費と修繕積立金のおかげで、エントランスや階段といった共有部分の清掃や管理、建物主要部分に対する「大規模修繕工事」が可能となります。

お金はかかりますが、自分で管理やメンテナンスしなくていい分、手間がかからないのも魅力ですよね。

ただし、修繕積立金は将来に向け増額傾向にあるので注意が必要です。

築年数が古くなれば、修繕の規模も大掛かりになり、費用負担額が大きくなります。

長期修繕計画をもとに金額も予め算出されますが、増額幅はその時になってみないと正直わかりません。

予期せぬ修繕により手出し金が必要となるケースもあるので注意が必要です。

そのマンションは大丈夫!?管理費と修繕積立金から見るマンションの健全性!

戸建とマンションにおける「防犯面」の比較


戸建とマンションの「維持・メンテナンス」の評価
  • 戸建…△
  • マンション…

戸建の弱点としては、必ず1階部分が存在するということです。

そのため、必然と侵入口となりうる部分も増えてしまうので、マンションと比較すると防犯面はやや劣るでしょう。

また、留守かどうかの判断も付きやすく、空き巣被害なども発生する可能性も高いです。

対策としては、外構部分にフェンスを設けたり1階部分の窓にはシャッターを設置をする。

さらには防犯ガラスや防犯カメラを設ける対策をする戸建も多くなってきました。

周辺住民の方とコミュニケーションを図り、不審死情報などを共有したり連携をとったりするのも十分な防犯対策となり得るでしょう。

一方のマンションは防犯面はマンションの方が高いと言えます。

そもそも高層部分の部屋に住むだけで一定以上の防犯能力になります。

加えて、エントランスの自動ドア、時間帯や曜日による管理人による目視、さらにはエレベーターの防犯カメラなどセキュリティー面は戸建よりも充実しているでしょう。

ですが、完璧というわけではありません

むしろ上記のような共有部分のセキュリティーを突破されてしまった場合は、戸建てよりももろいかもしれません。

普段から防犯意識を持つことが大事ですが、純粋な防犯能力で言えばマンションの方が高いでしょう。

マツ

治安の良いエリアにマイホームを構えるのも、対策として有効ですね。

営業マンから見た戸建・マンションの比較ポイント‼︎

ここまで各項目ごとに比較してきました。

悩み

比較はできたけど、それでもどっちが良いか決めかねる…

そんな人のために、次は営業マンから見た「戸建」と「マンション」の向いている人・いない人の特徴を紹介していきたいと思います。

戸建の方が向いている人の特徴

戸建がオススメの人
  • 資産性や将来性を重視する
  • オリジナルの間取りや、内装等にこだわりがある
  • 2世帯や大家族

戸建最大の魅力は、なんと言っても「資産性」です。

将来のことや子供への相続を考えているなら、戸建一択でいいと思います。

自由に使用できる土地が手に入るということは大きな財産です。

将来性の高さで言えば、戸建がマンションよりも優っていると言えるでしょう。

また、子供が小さいうちは特に泣声や遊んでいる際のドタバタ騒音など、近所の目を気にする機会も多いでしょう。

マンションだと左右上下隣り合わせの部屋が気になりますが、戸建ではその心配もありません。

こうした家族構成から戸建を選択される人も多いので、ぜひ参考にしてみてください。

分譲物件ではなく「建築条件付き」や「土地先行」と言った、土地から購入しその後建を建築するタイプも人気です。

これなら間取りも、カラーセレクトも自由に変えられ、自分のライフスタイルにあった家が造れます。

実際に、こうした物件をご購入していただいた方の多くが高い満足度を得ているお話よくされます。

マツ

戸建を選ぶ方の大半が、「土地が手に入る」という部分に魅力を感じているようです。

マンションの方が向いている人の特徴

マンションがオススメの人
  • 駅までの距離や利便性を重要視する
  • 防犯能力を気にする
  • 維持・メンテナンスに手間暇を使いたくない

マンションの魅力は「利便性」と「セキュリティ特化」です。

マンションだと駅チカ物件も多いですし、幹線道路沿いに面していたり、商業施設に隣接していたりと利便性が高い立地条件である可能性が高いです。

戸建でもなくはないですが、マンションの方が圧倒的に多いでしょう。

毎日電車を利用したり、ちょっと買い物をしに出掛けたりと、日常生活の利便性を何よりも重視という方はマンションがおすすめです。

さらに、防犯面の高さもマンションならではの特徴ではないでしょうか。

絶対ではないですが、管理人がいたりエントランスの防犯能力等は戸建にはない部分です。

小さい子供がいるご家庭ですと、駅までの距離や防犯面を気にする方も多い印象がありますね。

結局のところ戸建とマンションどっちがいいの?

以上、戸建とマンションの特徴について解説してきました。

ただ、それでも戸建かマンションで迷う場合の解決方法をお教えします!

まずは住まいに求める条件に優先順位を付けることです。

人生の3イベントの1つにも数えられるマイホームの購入です。

どこに住むか、どんな部屋にするか、絶対に希望条件があるはずです。

その希望条件の優先順位を5項目ぐらい選定してみてください。

そして、1位から順番に「戸建」と「マンション」どちらであれば条件を叶えられるのかチェックしていくとどちら派なのかわかってくると思います。

加えて、最初のうちは戸建もマンションも両方内見するものいい勉強になるのでおすすめです。

戸建でもマンションでも間違えはありません。

じっくり考えて自分たちに合った理想のマイホームを手にしてみてくださいね。

それでは、また。

マンション購入はメリットだらけ?戸建にはないマンションの特徴!

建築条件付き売地とは?購入するメリット・デメリット徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

@マツ
大学卒業後はドラッグストアに就職し薬の販売員へ 仕事が退屈になり転職を決意! 宅建を独学で勉強し、半年後宅建士へ その後は不動産投資の営業マンへ転職し 2年後、実需の販売をしたく転職 現在は戸建てマンションの営業マンとして仕事中 ブログを通してマイホームを購入する人たちへ 有益な情報を届けます!