【戸建では無理!】マンションだからこそのメリットとは?

どうも。現役不動産営業マンのマツです。

悩み
  • 戸建よりマンションの方が良いのかな?
  • マンションのメリットってなんだろう?

マイホームを購入する時って、戸建かマンションかで悩む人も多いですよね。

マンションだからこそえ得られるメリット(特徴)は、主に以下のようなものがあります。

マンションならではの特徴
  • 眺望、景色
  • 構造による気密性の高さ
  • 優れた家事動線
  • 防犯能力の高さ
  • 維持管理のラクさ

今回は、マンションを購入することのメリットやマンションならではの特徴をまとめてみました。

どっちを購入するか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください!

こんな人に読んでもらいたい
  • 戸建とマンションのどちらを購入するか悩んでいる人
  • 戸建には無いマンションの特徴やメリットを知りたい人

戸建てには無いマンションの特徴

戸建には無いマンションならではの特徴は以下の通りです。

マンションならではの特徴
  • 眺望、景色
  • 構造による気密性の高さ
  • 優れた家事動線
  • 防犯能力の高さ
  • 維持管理のラクさ

上記の特徴を戸建で実現しようとすると、建築費用がかさんだり、そもそも物理的に無理だったりします。

マイホームに求める条件の中でも、これらの項目の優先順位が高い場合はマンションを購入すべきかと思います。

matsuda

それぞれの項目について詳しく解説していきましょう!

マンションならではの「眺望」

木造の戸建では3階建てが限界です。(実際はそれ以上の建物を建てようと思えばできるのですが、まず現実的ではありません…)

3階建てですと、およそ高さは10m前後になります。

つまり戸建ではそこまでの高さが限界なのです。

マンションの階はそれ以上の高さの階がほとんどですので、高層階から望むことできる景色、いわゆる「眺望」はマンション特有のメリットと言っていいでしょう。

今後長い時間を過ごす場所ですので、街全体が見下ろせるような絶景や息をのむような夜景を楽しんだりとマンションだからこそできる楽しみ方もあると思います。

眺望を最大限生かすには、3階以上の部屋に住むことです。当然ながら1階や2階の眺望では、戸建と比較しても遜色ないレベルになってしまうのでもったいないです。

さらに、階数が高ければ必然的に周辺の遮蔽物もすくなくなるため陽当りも良くなります。

戸建では実現できないお家での過ごし方を見つけてみてはいかがでしょうか?

matsuda

実際に「眺望」を気にってマンションを購入する方も多いです!1階や2階ではその良さをフルに発揮できないため少々もったいないですね。(その分お値段も多少お安いですが…)

マンションならではの「気密性の高さ」

戸建の大半は木造住宅になります。

一方マンションはRC造(鉄筋コンクリート造)かSRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)になります。

コンクリート造は木造よりも気密性に優れてますので、「省エネで室内の温度を快適に保つ」効果や「断熱性の低下を防ぐ」といった効果を期待できますね。

また、遮音性も木造に比べて高くなるため、大通り沿いや学校などの人が多く集まる施設に隣接していても、騒音などが気になりにくい場合があります。

戸建でも軽量鉄骨造などで建築することは可能ですが、通常のお値段よりも1.5倍から2倍近くの費用が掛かってくるので、お値段的に断念せざる負えないでしょう。

matsuda

マンションですと上下左右の部屋の音が気になるケース、または気にしなければならないケース(子供がいる家庭など)があるため注意が必要ですね!

マンションならではの「家事のしやすさ」

マンションの間取りは、基本的にワンフロアに「キッチン」や「お風呂」、「トイレ」、「洗面」といった水回りが集結しています。

これに比べ3階建ての戸建の多くは、陽当たりが悪くなってしまうので1階に「水回り」を集約し、2階にLDK(キッチン)を取るような間取りになります。

そして、最も陽当たりが良い3階部分にバルコニーを設けいるような間取りがベターです。

ですが、この場合洗濯などの家事において上下階への移動が伴うため、将来的には大変な思いをされる方もいることでしょう。

マンションでは、こうした水回りに伴ってくる家事・炊事関係の仕事がワンフロアですべて完結できるので上下運動の心配もありません。

matsuda

年齢を重ねるごとに階段が辛い…なんて声もよく聞きます(笑)

マンションならではの「防犯能力の高さ」

マンションの1階部分を除いた高階層では、当然ながら戸建よりも防犯能力が高くなります。

窓からの不法侵入なんて心配もありませんし、外から部屋の中も見えないので空き巣東対策にもつながるのではないでしょうか。

管理人が常駐型のマンションではそれだけで一定数の防犯対策になります。

他の住人の目に気になりますので、戸建に住むよりは断然防犯面は優れていると言えるでしょう。

とは言っても100%ではないので、個人による独自の対策も必要とは思います。

ですが、こうした防犯面を特に気にされる方はマンションに決まりですね。

matsuda

24時間常駐もあれば、「9時~17時」や隔曜日などマンションによって管理人さんの常駐形式は異なりますので、チェックが必要です。

マンションならではの「維持管理のラクさ」

マンションでは「管理費」と「修繕積立金」が毎月必ず出費として伴います。

その代わり、エントランスや廊下といった共有部分の清掃やエレベーターの点検・保守、蛍光灯の交換に至るまでしっかりと管理してもらえます。

マンションの躯体部分等は「長期修繕計画」に沿って、年ペースで補修や修繕などが実施されることとなっています。

当然ながら、戸建では自分自身でメンテナス依頼や不具合の対策、それに伴う出費等が発生してきます。

アフターサービスなどが充実している工務店であればそこまで苦労しませんが、原則自己責任で処理対応しなければならないので、いささか大変かと思います。

こうした煩わしい面倒事が無いのもマンションならではの特権ですね。

matsuda

管理状況や管理体制はマンションによって全然違います。内見の際には、部屋はもちろんですが、それ以外の共有部分もしっかり見学しておきましょう!

結局のところ「マンション」と「戸建」どっちがいいの?

マンションならではの特徴はお分かりいただけたでしょうか?

この他にも「良さ」はあるんですが、「戸建には実現不可能」という部分では大体この5つに絞られると思います。

では、実際のところ「マンション」と「戸建」買うならどちらが良いのでしょうか?

matsuda

マンションか? 戸建か? それが問題だ… 究極の2択ですね(笑)

正解を言ってしまえば、「好み」です………………

拍子抜けかもしれません。。。ですが、正解なんてないんです!

家族がマイホームに対して求める条件をしっかり吟味して、その要望を叶えてくれるのがマンションであればマンションを、戸建であれば戸建を購入してもらえばいいと思います。

とは言え、

悩み
  • どちらを選べばいいかわからない
  • どちらも選択肢を残しておきたい

そんな方のために、営業マン目線で購入を失敗しないためのアドバイスをいくつかさせていただきます!

良ければ参考にしてみてくださいね。

matsuda

不動産は実際に行動してみないとわからないことだらけ…
購入を失敗しないためにも、まずは相談してみるのが一番です!

家さがしの「わからない」無料で相談

マンションか戸建かで悩んだら

まず、マンションか戸建で悩んでいる方は、以下のことを気にしてみてください。

マンションか戸建かで悩んだら
  • とりあえずマンションも戸建も内見してみる
  • 月々のランニングコストを比較する(管理費・修繕積立金・駐車場代など)
  • 「マンション」は共有部分の経年劣化等を「戸建」は家の外周を確認

それでは詳しく解説していきましょう!!

マンションも戸建も内見をする

「絶対にマンションが良い」という方以外は、とりあえずマンションも戸建も一度は内見することをオススメします。

というのも、一度内見をしてみると「想像していたよりもいいかも… or 悪いかも…」なんてことが結構あるからです。

今の時代、ネットで検索すれば物件資料や外観・内観の写真は簡単に手に入ります。ですが、実際に自分の目で確認してみると、資料やネットから得られるのとはまた違った「情報」を手にすることが出来ます。

そして!この情報こそが、家選びをする上では真に大切な情報となってきます!

matsuda

「ストリートビュー」などを使えば、物件周辺の状況までわかっちゃいますよね(笑)

私が営業していて実際にあった例がありますので、参考までにいくつかご紹介致します。

想像より良かった例
  • 天井高が高く、畳数以上に広さを感じた
  • 北向きだが、南側が駐車場で日当たりが良かった
  • 周囲はファミリ層が多く住んでいて、住環境も良かった
想像より悪かった例
  • 風に乗って、近くの工場から臭気が漂ってくる
  • 隣のビルが邪魔をして、日当たりが悪かった
  • 内装は綺麗無いのに、管理体制が悪く共有部分が汚い

わかると思いますが、どれも現地に足を運び内見してみないと気付かないことだらけなんです。

しかも、物件の良し悪しを判断するうえで大変重要な要素ばかり…

マンションか戸建か悩んでいる方は、まずは二つとも内見をしてみましょう。そこで、しっくりくるものがあったり、自分のライフスタイルとあっているはどちらかイメージし内見することで、選択は絞れてくると思います。

ランニングコストの比較

月々の支払額は、マイホームを決める上でも大変気になる部分だと思います。

マンションであれば

  • 管理費
  • 修繕積立金

この2つが毎月発生します。


例えば、管理費と修繕積立金で月々約2万円近く費用が掛かるマンションがあったとします。

月々の支払いを約15万円に押さえたい場合は、月々13万円程度になるような金額の物件を購入する必要があるわけですね。

マンションの場合

借入金5000万円だと・・・

金利0.6%35年ローンのボーナス無し=月々13万2014円

管理費・修繕積立金を加えると=月々15万2014円

つまり、物件購入金額の上限は約5000万円程度ということになります。


では次に、戸建ではどうでしょうか?

戸建では管理費と修繕積立金という費用は発生しないので、月々の返済が15万円になるような物件金額を設定します。

戸建の場合

借入金5700万円だと・・・

金利0.6%35年ローンのボーナス無し=月々15万0496円

なんと!!

月々の支払いは同じでも、購入できる物件金額の上限は700万円も違うんです!

700万円の差が開くと、さすがに物件の立地や広さ等条件面が大きく変わってきますので、マンションの場合は予めランニングコストをしっかりと視野に入れて物件選びをしなければなりません。

更に、マンションの駐車場代やバイク・駐輪場代に加え、将来的に管理費と修繕積立金が値上がりの可能性はあるのか、もしあるのではあればタイミングや値上幅なども予め想定できるといいですね。

matsuda

住まい探しの「わからない」「困った」を無料相談してくれる、安心サポートはこちら

「マンション」は共有部分の経年劣化等を「戸建」は家の外周確認

内見時はどうしても建物の内装ばかり気にしてしまいますが、それ以外にもチェックする必要のある個所はたくさんあります。

マンションでチェックしておきたいこと
  • 共有部分(階段や廊下、エレベーター等)の清掃や管理
  • ごみ置き場の管理状況
  • 駐輪場や駐車場の管理状況

マンションの場合は、主に専有部分以外の個所を必ずチェックするようにしてください。

マンションはあくまでも他人との共同住宅なので、自分ひとりだけではどうにもならいことも多いです。特に共有部分はその最たる個所なので、しっかりと確認をしておきましょう。


戸建でチャックしておきたいこと
  • 隣地との境界部分
  • 前面道路の種別(公道か私道か)
  • 私道であれば持ち分は有るか、車両の通行及び掘削の覚書を取得しているか

目の前が私道だと個人の所有物である土地を道路提供している形になります。

そのため、持ち分を持っていなければ最悪は車の通行ができなかったり、新築を建てる際のライフラインの引き込み工事ができないなんてケースも考えられます。

私道でも自身の持ち分は有るのか、もしくは通行掘削の承諾は取れているのかの確認が必要になります。

matsuda

承諾があれば特に大きなトラブルになる可能性も低いでご安心ください。

【まとめ】経験を積むことが大事

今回は、マンションだから実現可能なメリットをご紹介させていただきました。

【まとめ】マンションならではのメリット
  • 眺望、景色
  • 構造による気密性の高さ
  • 優れた家事動線
  • 防犯能力の高さ
  • 維持管理のラクさ

マンションや戸建のどちらかに選択を絞るのではなく、とにかく最初の頃は内見をし経験値を増やしていくことが大切です。

希望条件が定まっていない方でも、まずは内見です!

内見をしていく上で希望条件の優劣も付いてきますし、資料上ではわからないこともたくさん見えきます。

何をしていいかわからないという方は、とにかく数多くの物件を内見をしてみてください。

失敗しないマイホームを選ぶ最大のコツは「経験値」

これにつきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

@マツ
大学卒業後はドラッグストアに就職し薬の販売員へ 仕事が退屈になり転職を決意! 宅建を独学で勉強し、半年後宅建士へ その後は不動産投資の営業マンへ転職し 2年後、実需の販売をしたく転職 現在は戸建てマンションの営業マンとして仕事中 ブログを通してマイホームを購入する人たちへ 有益な情報を届けます!